四柱推命では運命は決まっている

四柱推命では運命は決まっているイメージ

四柱推命の占いの中では運命とは生まれてきた瞬間に全て決まっているという発想です。

つまり生まれてきた瞬間にどうやって死ぬのかまで決まっているのです。

最初から終わりが分かっているのならつまらないと思うかもしれませんが、考えてみれば生まれた時にDNAという材料は全て揃っていてその人のIQは性格などはもう変わる事がないのです。

三つ子の魂百までという言葉がありますが、性格とか考え方というのは小さい頃と大人になった時とで激変するという事はありませんし、自分という個人が全く別人になる事はないのです。

多少の嗜好は変化するかもしれませんが、基本的に内向的な性格で家にいるのが好きという子供は大きくなってもやはり内向的で人と接する事が少ない仕事を選んだり、同じく内容的な相手と付き合うケースが多いでしょうし、住む家だって都会で人が多いところではなく、郊外で自然が残っていてのんびりと過ごせるようなところを選ぶでしょう。

逆に外交的で外で遊ぶのが好きだという人は営業などの人と接する仕事を選び、そして都心部で賑やかな場所に住むでしょう。

どちらが幸せなのかというとどちらも幸せなのです。

むしろ自分のしたくない事を強制的にやらされる方が不幸でうよね。

内向的な人が無理に外交的にふるまったり、賑やかな場所が好きなのに田舎の人のいないところに住む事になったらストレスがかかって仕方がないでしょうし、そのストレスが原因で健康を害してしまう可能性もあります。

つまりその人が持って生まれた資質を生かして、その人が人生を選んでいく過程でどうゆう生き方を選ぶのかある程度予測はたてる事が出来ると思いませんか?

それに加えて占いでは生まれてきた星回りとか運勢とかで判断していくと最終的にどんなふうに死んでいくのかまで見えてくるのかもしれません。

ただその四柱推命の占い結果を知りたいという性格の人と知りたくないという性格の人に分ける事が出来るでしょう。

知りたい人は、終わり方を知る事でそれまでにどうやっていきていくのか計画を立てて、そして死ぬ時に迷惑をかける事がないようにしっかり準備をして死を迎える事を好ましいと思うのでしょうし、また知りたくないという人は精一杯、いつ死んでも後悔しないように生きるのでしょう。

どちらにとっても自分の性格上、そうやって生きるのが幸せなのです。

自分の終わり方を知る知らないは自分で選択する事が大切なのです。

四柱推命占いとはそうゆう占いなのです。

四柱推命の偏財の年はチャンスの年

shihashirasuiinochinohenzainonenhachansunonen

四柱推命で今年は偏財の年になるでしょうと言われたらチャンスの年だと考えて下さい。 偏財とは投資を行うと上手くいきやすい時期という意味です。 投資というと株やFXなどの投資をイメージする人もいるかもしれません。もちろんそれ・・・

四柱推命の食神の年について

shihashirasuiinochinoshokukaminonennitsuite

占いに使われる言葉は独特ですよね。 なので時々知らない言葉が出てきて、何の事?と一瞬思ってしまいますがそうゆう時は知ったかぶりせずに占い師にその言葉の意味を確認しましょう。 せっかく占ってもらっているのに、結果がよく分か・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ